大きな目標としているスポーツの大舞台

4年に一度、開催されます冬季オリンピック。

スポーツを行っている方のほとんどが、いつかは必ずオリンピックの舞台で競技を行いたいと、オリンピックを目指し大きな目標としているスポーツの大舞台がオリンピックなのです。

日本では、1972年に北海道の札幌で冬季オリンピックが開催されました。

冬季オリンピックの競技には大きく分けて、スキー、スノーボード、スケート、スピード乗用などの競技種目があります。

全ての競技を細かく説明しますと、スキーの競技種目には「アルペンスキー」男子回転、女子回転、男子大回転、女子大回転、男子スーパー大回転、女子スーパー大回転、男子滑降、女子滑降、男子複合、女子複合。

「クロスカントリースキー」男子スプリント、女子スプリント、男子30kmパシュート、女子15kmパシュート、男子15㎞クラシカル、女子10kmクラシカル、男子50kmフリー、女子30kmフリー、男子チームスプリント、女子チームスプリント、男子4×10kmリレー、女子4×5kmリレー。

「スキージャンプ」男子ノーマルヒル、女子ノーマルヒル、男子ラージヒル、男子ラージヒル団体。

「ノルディック複合」男子個人ノーマルヒル、男子個人ラージヒル、男子団体。

「バイアスロン」男子10kmスプリント、女子7.5kmスプリント、男子20km個人、女子15km個人、男子12.5kmパシュート、女子10kmパシュート、男子4×7.5kmリレー、女子4×6kmリレー、男子15kmマススタート、女子12.5kmマススタート、混合リレー。

「フリースタイルスキー」男子モーグル、女子モーグル、男子エアリアル、女子エアリアル、男子ハーフパイプ、女子ハーフパイプ、男子スキークロス、女子スキークロス、男子スロープスタイル、女子スロープスタイル。

スノーボードの競技種目には、男子ハーフパイプ、女子ハーフパイプ、男子パラレル回転、女子パラレル回転、男子パラレル大回転、女子パラレル大回転、男子スノーボードクロス、女子スノーボードクロス、男子スロープスタイル、女子スロープスタイル。

スケートの競技種目。

「スピードスケート」男子500メートル、女子500メートル、男子1000メートル、女子1000メートル、男子1500メートル、女子1500メートル、男子5000メートル、女子3000メートル、男子10000メートル、女子5000メートル、男子団体パシュート、女子団体パシュート。

「ショートトラックスピードスケート」男子500メートル、女子500メートル、男子1000メートル、女子1000メートル、男子1500メートル、女子1500メートル、男子5000メートルリレー、女子3000メートルリレー。

「フィギアスケート」男子シングル、女子シングル、ペア、アイスダンス、団体戦。

スピード乗用の競技種目。

「ボブスレー」男子二人乗り、女子二人乗り、男子四人乗り。

「スケルトン」男子一人乗り、女子一人乗り。

その他の競技種目。

「リュージュ」男子一人乗り、女子一人乗り、男子二人乗り、チームリレー、男子カーリング、女子カーリング、男子アイスホッケー、女子アイスホッケー。

冬季オリンピックには、これだけ多くの競技種目があるのです。

2014年2月に開催されたソチオリンピックは、皆さんの記憶に新しいかもしれません。

特に記憶に残っている競技は、フィギアスケートの浅田真央選手の演技ではないでしょうか。

メダルは逃してしまいましたが、オリンピックという大舞台で行われたフリーの演技では世界中の人々を感動させ、大きな反響をよんだことは記憶に新しいですよね。

オリンピックでは、多くの人々を感動させてくれる選手たちの頑張っている姿を見る事ができる大舞台なのです。

次の冬季オリンピックでも、多くの方を感動させてくれる選手達の姿を拝見したいですね。