最悪の事態を免れる事ができる

冬の寒い季節になりますと、ウィンタースポーツを楽しむ方がたくさんいます。

ウィンタースポーツは、多くの方に人気のあるレジャースポーツですので、冬になるのを心待ちにしている方も多いかと思います。

ですが、ウィンタースポーツを楽しんでいる最中に、怪我をしていまう方も少なくはなく、最悪の場合には死亡事故に繋がる危険性もあるのです。

ウィンタースポーツと言えは、文字通り雪を利用して行うスポーツです。

雪はキレイで美しいものではありますが、その反面に怖くて危険なモノでもあるのです。

自分は大丈夫などと安易に考えるのではなく、きちんと注意点を把握した上でウィンタースポーツを行うようにして下さい。

そうすれば、万が一危険な状況に陥ってしまった場合でも、最悪の事態を免れる事ができるかもしれません。

ウィンタースポーツの中でも、最も怪我を起こしやすいとされているスポーツはスキーやスノーボードです。

スキーやスノーボード中に転倒してしまい、骨折などの怪我をしてしまう方がとても多いと言われています。

その中でも、複雑骨折を起こしてしまう場合が多いと言われています。

それは、スキーやスノーボードは急速なスピードで滑りますので、衝突した際の衝撃が非常に大きくなってしまう為、複雑骨折を引き起こしてしまう可能性が高くなってしまうのです。

また、脳挫傷や脳出血も複雑骨折以上に最も多いとされていますのて注意が必要です。

転倒や衝突した際に複雑骨折だけですめば良いのですが、最悪の場合、気が付かないうちに脳挫傷や脳出血を引き起こしてしまい死に至るケースも少なくはありません。

これらを引き起こしてしまう方の多くは、初心者の方や実力を過信し過ぎてしまった上級者の方だと言われています。

一歩間違えてしまえば、それ以上の怪我を引き起こしてしまう可能性や、死に至る可能性もありますので無理なスピードや危険な滑り方は控える様に心掛けて下さい。

また、スキー場には上級者用のコースや初心者用のコースなどと、それぞれのレベルに合わせられてコースが設定されていますが、どちらのコースにも危険は付きものです。

初心者用のコースだからといって、必ずしも安全とは限らないのです。

雪がそれほど積もってもいない高さや深みのな少ない所で滑っていても、万が一ゲレンデ脇にハマってしまいますと殆どの方は混乱してしまいパニックに陥ってしまいます。

その際、すぐに大声で叫んでしまうと、雪を大量に吸い込んでしまい器官が詰まり窒息死を引き起こしてしまう可能性が高くなります。

ですので、すぐに大声で叫ぶのではなく先ずは雪を吸い込まないように、ご自身の口と鼻の周りに空気だけを吸い込む事が出来るような空間を作るように心掛けて下さい。

それから、雪はいつどこに危険が潜んでいるか分かりませんので、なるべく人が大勢いる場所などで遊ぶようにし一人行動は避ける様にして下さい。

初心者の方は特に注意を払い、スキーやスノーボードなどを行う際には、スキー場で開かれている初心者用の教室でインストラクターの方に教えて頂いた上でスキーやスノーボードを行うように心掛けて下さい。